2010年12月13日月曜日

革の再生

以前よりブログの扉に使っているのは、革のはぎれを縫い合わせて一つに大きな革に仕立てたタペストリーです。私は「革の再生」と呼んでいます。

扉の「革の再生は」クラチカ・ヨシダ表参道店の作業場にかけてあるものです。

もう前のものですが制作時の写真が出てきたので紹介したいと思います。




















最後の2枚はタペストリーの裏地になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿